クアラルンプール 新峰肉骨茶の肉骨茶

クアラルンプールに到着したのは昨晩、夕食はあまりお腹がすいていなかったので、コンビニでビールを買って飲むだけにしました。その翌朝の朝ごはん、ホテルでは朝食をつけなかったので、肉骨茶を食べに行きました。
ビキット・ビンタンの繁華街にあるホテルから歩いて7-8分程度のところにある新峰肉骨茶に行きました。
blog_import_54115546d6f87 クアラルンプール 新峰肉骨茶の肉骨茶
オープンエアーのお店です。やたら間口の広いお店でした。
blog_import_54115546d6f87 クアラルンプール 新峰肉骨茶の肉骨茶

こちらがメニューになります。さまざまな肉骨茶がありますが、マレーシアで初めての肉骨茶ということで、オリジナルというものを注文しました。
blog_import_54115546d6f87 クアラルンプール 新峰肉骨茶の肉骨茶

こちらですね。バクテーオリジナル。
blog_import_54115546d6f87 クアラルンプール 新峰肉骨茶の肉骨茶
このようなラッピングされた形で、お皿やらレンゲがサービスされました。
blog_import_54115546d6f87 クアラルンプール 新峰肉骨茶の肉骨茶

おお、きました。肉骨茶。シンガポールで食べた時はもっとスープの色が薄かったように思いますが、こちらはお茶ーって感じの色です。このスープは美味しいですね。ご飯とすごく合います。
blog_import_54115546d6f87 クアラルンプール 新峰肉骨茶の肉骨茶
すくってみました。お肉もたくさん入っています。よく脂が抜けていて、やわらかくて美味しい。それぞれの持ち味が生かされています。
blog_import_54115546d6f87 クアラルンプール 新峰肉骨茶の肉骨茶
こちらがレシート。RM18でした。
blog_import_54115546d6f87 クアラルンプール 新峰肉骨茶の肉骨茶
こんなクアラルンプールの朝食をいただきました。お腹一杯になった結果、おひるごはんはスキップしちゃいました。
blog_import_54115546d6f87 クアラルンプール 新峰肉骨茶の肉骨茶

5月2日MH184便コロンボ発クアラルンプール行きビジネスクラス

ぎりぎりでチェックインしたマレーシア航空コロンボ発クアラルンプール行きのフライトに乗り込みます。思えば、人生初のマレーシア航空便への搭乗となります。
blog_import_5411553585ecb 5月2日MH184便コロンボ発クアラルンプール行きビジネスクラス 
小さい飛行機ですが、コロンボに1日1便以上飛んでいるのはすごいです。
blog_import_5411553585ecb 5月2日MH184便コロンボ発クアラルンプール行きビジネスクラス
座席は背もたれの倒れるタイプ。まあ短いフライトだから問題なしです。
blog_import_5411553585ecb 5月2日MH184便コロンボ発クアラルンプール行きビジネスクラス
さらばコロンボ。今回はいろいろ焦ることがありましたっけ。でも今は飛行機に無事乗れたことを感謝しています。
blog_import_5411553585ecb 5月2日MH184便コロンボ発クアラルンプール行きビジネスクラス 
機内食は3種類からのチョイス。なかなか選択肢が豊富です。
blog_import_5411553585ecb 5月2日MH184便コロンボ発クアラルンプール行きビジネスクラス 
食前のドリンクはシャンパンを選択。
blog_import_5411553585ecb 5月2日MH184便コロンボ発クアラルンプール行きビジネスクラス 
名物なんでしょうか。サテです。ピーナッツソースがやや甘いか。
blog_import_5411553585ecb 5月2日MH184便コロンボ発クアラルンプール行きビジネスクラス
デビルチキン。同じデビル料理ですが、味付けは昨日のビーチワディヤの方がよかったなー。でもこれはこれで美味しくいただきました。
blog_import_5411553585ecb 5月2日MH184便コロンボ発クアラルンプール行きビジネスクラス 
アップです。左側のカレー風味の野菜もなかなかいけます。
blog_import_5411553585ecb 5月2日MH184便コロンボ発クアラルンプール行きビジネスクラス 
ご飯食べて、少し本を読んでいたら、いつしかシートベルトサインが点灯して、クアラルンプールにつきました。KLは実に16年ぶりくらいです。何も覚えていない・・
blog_import_5411553585ecb 5月2日MH184便コロンボ発クアラルンプール行きビジネスクラス

コロンボ空港 アラリヤラウンジ

コロンボ・バンダラナイケ国際空港のARALIYAラウンジをご紹介します。

先日あわただしい中でこのラウンジにも入りました。


その前に少し残っていたスリランカルピーを換金します。


パスポートコントロールから出国したトランジットエリアにはExchangeは1軒。出国前の方が手数料が安いそうです。1回の両替につき、500スリランカルピーの手数料を徴収されます。当分スリランカに入国するつもりはなくなっていたので、喜んで手数料を払って米ドルに両替しました。

blog_import_5411552852da6 コロンボ空港 アラリヤラウンジ


さて、こちらがラウンジの入り口です。
blog_import_5411552852da6 コロンボ空港 アラリヤラウンジ


入り口のおねーさんにチェックしてもらい、入場します。
blog_import_5411552852da6 コロンボ空港 アラリヤラウンジ


提携しているエアライン。マレーシア航空やスリランカン航空のワンワールド加盟に伴い、ラウンジ地図も変わってくるでしょうね。


blog_import_5411552852da6 コロンボ空港 アラリヤラウンジ


お昼のコロンボ空港はやっぱ発着便が少なく、お客さんもすごく少なかったです。ソファーエリアには誰もいませんでした。

blog_import_5411552852da6 コロンボ空港 アラリヤラウンジ


こちらはレストランエリア。トイレには1つだけのようでしたが、シャワーもありました。こちらはちらほらと人影が。
blog_import_5411552852da6 コロンボ空港 アラリヤラウンジ
食べ物も意外と豊富。しかしカレーは見当たりませんでした。カレーが美味しい国なのにね。
blog_import_5411552852da6 コロンボ空港 アラリヤラウンジ

サラダやケーキ、スイーツエリア。
blog_import_5411552852da6 コロンボ空港 アラリヤラウンジ

ラウンジの窓からちょうどこれから搭乗するマレーシア航空のボーイング737-800が見えました。

blog_import_5411552852da6 コロンボ空港 アラリヤラウンジ

なんてパチパチ撮影している間に搭乗のアナウンスがあり、ゲートに向かいました。