羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ

3月30日から国際線の便数が増えて、各社ラウンジも増強されました。その羽田空港のJALの新しいラウンジ、スカイビューラウンジをさっそく使ってきました。
場所はかなり左の方の5階になります。6階にも施設は作れるようですが、まだだれも入っていないようです。
このラウンジは午前中(12時30分まで)しかオープンしていない珍しいラウンジになります。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ


朝、着の身着のままで羽田まで参りましたので、とりあえずシャワーを浴びます。スカイビューラウンジのシャワーは2基のみです。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ


かなり広いです。最近のJALのシャワーは、通常のものとレインシャワーと併設になっています。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ


ラウンジの一番奥はかぶりつきで飛行機を眺めることができる特等席になっています。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ


こんな感じで110番代のボーディングゲートの飛行機をずらっと見ることができます。すげー。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ


映画館のごとく段々になっています。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ


飛行機を眺めながら朝食をいただきました。お食事はいつも変わらないもの。JAL名物のカレーは午前10時から提供とのことでした。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ


ご飯の後は、マッサージチェアでもみほぐしてもらいます。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ


ファミリー社製のマッサージチェアが8つ設置されていました。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ


さてもう少し時間があったため、メインダイニングエリアへ。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ


清潔感あふれるお食事コーナーです。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ


朝からスパークリングワインがちゃんと出ています。すごいな。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ


メゾンカイザーのパンと泡物をいただいちゃいました。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ


さすが新しいラウンジ。至れり尽くせりのもてなし。もう成田・羽田のJALのラウンジのレベルは世界でも屈指のものになってきたと実感しました。

blog_import_54116855abc69 羽田空港国際線ターミナルJALスカイビューラウンジ

 

4月29日羽田発香港行JAL029便ビジネスクラス

さてこの日から東南アジア5カ国歴訪の旅です。


まずは3月30日から便数が増えて、各社ラウンジも拡張された羽田空港から出発です。
まずはグローバルクラブのチェックインカウンターでチェックイン。香港まではJAL便で、その先バンコクまではキャセイ・パシフィックです。荷物はバンコクまでスルーで。

blog_import_54116867b7904 4月29日羽田発香港行JAL029便ビジネスクラス


ラウンジで案内があってからゲートに向かうともう搭乗の最終案内になっていました。

blog_import_54116867b7904 4月29日羽田発香港行JAL029便ビジネスクラス


こちらの飛行機で飛び立ちます。

blog_import_54116867b7904 4月29日羽田発香港行JAL029便ビジネスクラス


席は一応隣との仕切りがある不快ラックス、いやスカイラックスシート。767も一部はいいシート導入みたいなので、こいつはハズレ機体ですね。

blog_import_54116867b7904 4月29日羽田発香港行JAL029便ビジネスクラス


シャンパンがよく冷えていて美味しい。こういうところに気配りがされているとうれしい。

blog_import_54116867b7904 4月29日羽田発香港行JAL029便ビジネスクラス


Cクラスの機内食はワンプレートのランチ。ハンバーグを選択。この他和食と同じ洋食でも、赤鶏のなんちゃらも選択可能でした。

blog_import_54116867b7904 4月29日羽田発香港行JAL029便ビジネスクラス


左側のトマトのまるごとサラダは秀逸。とっても甘いトマトをまんま使ったサラダ。ドレッシングも美味しい。スープは豚ひき肉のカレースープ。

blog_import_54116867b7904 4月29日羽田発香港行JAL029便ビジネスクラス


こちらが前菜3種盛り。ローストビーフ、野菜のマリネ、カニ爪とサーモンのリエット。

blog_import_54116867b7904 4月29日羽田発香港行JAL029便ビジネスクラス


ハンバーグは国産牛を使ったもの。もろミソ和風山椒風味。ものすごい肉汁だった。機内食も美味しくなったもんだ。

blog_import_54116867b7904 4月29日羽田発香港行JAL029便ビジネスクラス


デザートのハーゲンダッツのアイスクリーム。バナナ味。前に食べた時よりも美味しくなってるかも。冷たい烏龍茶とともに。

blog_import_54116867b7904 4月29日羽田発香港行JAL029便ビジネスクラス


道中は、アナと雪の女王を見た。1回めは字幕で、2回めは日本語吹き替え版で。
感動してしまいました。でももともとアナがハンスと婚約するなんて言わなければ、あんな事態にならなかったのではと、ふと思ったりしてしまいました。

blog_import_54116867b7904 4月29日羽田発香港行JAL029便ビジネスクラス

 

武蔵小杉 餃子の王将の黄金炒飯、さてその色は

今度こそはという気持ちで、昨晩武蔵小杉の餃子の王将へ行ってきました。
本日からはアジア諸国をまわります。そのどの国でも焼飯は食べられそうなものなのですが、今月までかもしれないということと、綱島で食べた黄金チャーハンがとっても美味しかったため、ここは喰っとけということで、再度黄金を求めてしまいました。
武蔵小杉の駅から徒歩3分程度。南武線の高架下にあります。

blog_import_54116848214a7 武蔵小杉 餃子の王将の黄金炒飯、さてその色は

午後8時を過ぎているのに、満席。すごい人気です。
毎度同じメニュー。餃子と黄金チャーハンをオーダー。
餃子は超熱々ではなく、やや熱い状態。

blog_import_54116848214a7 武蔵小杉 餃子の王将の黄金炒飯、さてその色は

しかしこのお店の具はかなりージューシーな状態で仕上がっており、美味しかった。
餃子の味的には、武蔵小杉>学芸大学>綱島

blog_import_54116848214a7 武蔵小杉 餃子の王将の黄金炒飯、さてその色は

餃子を3つほど食べたころ、黄金炒飯の登場です。
さてその色は。。黄金じゃないじゃないですか!

blog_import_54116848214a7 武蔵小杉 餃子の王将の黄金炒飯、さてその色は



コーティングが全然足りません!
海老が見えませんが、他店よりも小さめの海老は入っていました。

blog_import_54116848214a7 武蔵小杉 餃子の王将の黄金炒飯、さてその色は

ただし提供された温度が高く、また具が小さめに切ってあったために、炒飯としての一体感があってよかった。
黄金炒飯の味的には、綱島>>>武蔵小杉>>学芸大学です。

blog_import_54116848214a7 武蔵小杉 餃子の王将の黄金炒飯、さてその色は

3回トライして、1回しか黄金に巡り合えませんでしたが、1回だけ当たっただけでもよしとしましょう。でも昨晩は綱島に行けばよかったなー。
冒険大好きな血のせいでしょうか。。