1月2日NH150便関空発羽田行き普通席

台北から関空まで飛んできて、最後羽田便です。こちらは無料航空券ではなく、別途ANAのサイトで購入したものになります。
SFCということでプレミアムのカウンターでチェックイン。他も空いていたけどね。

blog_import_54116180babc3 1月2日NH150便関空発羽田行き普通席


関空のラウンジは手荷物検査場のすぐ後でした。

blog_import_54116180babc3 1月2日NH150便関空発羽田行き普通席


最終便ということもあり、かなりがらがら。

blog_import_54116180babc3 1月2日NH150便関空発羽田行き普通席


全日空のラウンジは、青汁が用意されていることがあります。青汁とハイボール、久々の日本の雑誌とともに。

blog_import_54116180babc3 1月2日NH150便関空発羽田行き普通席


搭乗の案内がありゲートに向かいます。

blog_import_54116180babc3 1月2日NH150便関空発羽田行き普通席


飛行機はボーイング767です。

blog_import_54116180babc3 1月2日NH150便関空発羽田行き普通席


普通席だけど、国際線機材の開放らしくビジネスクラスのシート。1人席。

blog_import_54116180babc3 1月2日NH150便関空発羽田行き普通席


ここのエリアはほぼ満席。後ろは見たわけではないので、満席かどうかは不明。

blog_import_54116180babc3 1月2日NH150便関空発羽田行き普通席


足をのばしても前の席にはつきませんので、ラクラク。1人席には右側に物入れがあって便利。

blog_import_54116180babc3 1月2日NH150便関空発羽田行き普通席


うとうとしていたらあっという間に羽田に到着。飲み物サービスにも気づきませんでした。まあANAの飲み物はしょぼいから全然問題なし。

blog_import_54116180babc3 1月2日NH150便関空発羽田行き普通席


これから京急に乗って横浜の自宅に帰ります。羽田は成田と違って本当に楽です。
というわけで、今回の年末年始の旅行記はこれで終了です。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

1月2日CX564便台北発大阪行きビジネスクラス

ちょっと時間をさかのぼり、台北・桃園空港第1ターミナルのチェックインカウンター。
しばらく来ていないうちにずいぶんおしゃれなカウンターに様変わりしていました。

blog_import_54116171d1899 1月2日CX564便台北発大阪行きビジネスクラス
こちらが搭乗ゲート。左側がビジネスクラス用に開けられていますので、スムーズな搭乗ができました。
blog_import_54116171d1899 1月2日CX564便台北発大阪行きビジネスクラス
お正月ということでかなりの搭乗率。シートは近・中距離用のもの。香港-台北線のシートが良すぎたのでしょう。

blog_import_54116171d1899 1月2日CX564便台北発大阪行きビジネスクラス
ウェルカムシャンパンをいただきます。

blog_import_54116171d1899 1月2日CX564便台北発大阪行きビジネスクラス
離陸してからしばらくして、海と川、それに大きな橋が見えてきました。

blog_import_54116171d1899 1月2日CX564便台北発大阪行きビジネスクラス
うおー、満席じゃ。

blog_import_54116171d1899 1月2日CX564便台北発大阪行きビジネスクラス
さてこれからランチです。メインディッシュの登場を待ちます。

blog_import_54116171d1899 1月2日CX564便台北発大阪行きビジネスクラス
牛ほほ肉の煮込み。機内食でほほ肉は珍しいなーと思いオーダー。
まあまあの柔らかさでした。

blog_import_54116171d1899 1月2日CX564便台北発大阪行きビジネスクラス
食後のハーゲンダッツ。今回のキャセイは毎回ハーゲンダッツが出ました。

blog_import_54116171d1899 1月2日CX564便台北発大阪行きビジネスクラス
成田・羽田便と較べて、関空行きは近いですね。2時間くらいでもう到着しました。
こらから入国して、さらに羽田行きに乗りこみます。

blog_import_54116171d1899 1月2日CX564便台北発大阪行きビジネスクラス

台北・桃園 キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジ

台北のキャセイパシフィック航空のラウンジです。

第1ターミナルで出国してから、左側に行き、1階上がったところのラウンジエリアの一番手前にあります。

blog_import_5411616430188 台北・桃園 キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジ

ううっ、なかなか混んでいるぞ。

blog_import_5411616430188 台北・桃園 キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジ
とりあえずロングテーブルに陣取る。
blog_import_5411616430188 台北・桃園 キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジ

食べ物はさほど充実していない。サンドイッチ。

blog_import_5411616430188 台北・桃園 キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジ

CX名物ヌードルバーがあります。

 

blog_import_5411616430188 台北・桃園 キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジ

このようなサイネージから、麺を選択します。

 

blog_import_5411616430188 台北・桃園 キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジ

軽くいただきます。

blog_import_5411616430188 台北・桃園 キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジ

香港便の案内があって、かなりお客さんが出発していきまして、席を移動できました。ここのラウンジには残念ながらシャワー設備はありません。


blog_import_5411616430188 台北・桃園 キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジ

ラウンジに大阪・関空行きの搭乗開始の案内が流れ、ゲートに向かいます。

途中、漢字の国らしい大きな文字が一面の廊下を通ります。

blog_import_5411616430188 台北・桃園 キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジ


香港のラウンジに比べると格段落ちますが、本拠地ではありませんからこんなものでしょう。

ヌードルバーがあるだけでまだいいのではないかと思います。