2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

エアアジアXはドンムアン空港から。4番エリアでチェックイン。

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

搭乗券はぴらぴらのレシート状のもの。
事前に1300バーツの追加料金を払って、前方クワイエットエリアの最前席を予約していました。快適性は金を出して買ってくれというLCCの理念を感じます。

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

懐かしいドンムアンの出発ゲート。たくさんの人が待っていました。搭乗は最初にプレミアムクラス、お手伝いが必要な人、そして後席から順に案内がありました。

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

搭乗券を見ながら、適切な通路を案内しています。

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

こちらがの通路側が僕の座るシート。横幅もさすが狭いですねー。

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

最前列シートのため、前方はかなりの余裕がありました。

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

この前はプレミアムクラスです。シェルタイプのシートになっていました。

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

このXJ600便は夜行便。機内サービスは、到着の2時間半前くらいからスタートします。

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

こちらが事前に注文しておいた機内食。お水も一緒にもらえました。

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

海老とバジルのタイ風オムレツとライス。
色は単調ですが、オムレツの味はなかなかよかったです。

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

成田に着いてから運転する予定があったので、お酒は飲みませんでしたが、ビールのほか、ワイン、ウイスキー、ジンがラインナップされていました。これなら安心だ!

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

機体はエアバスA330-300で、真新しいもの。

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

やはり狭くてあんまり寝れませんでしたが、曲がりなりにも日本に到着することができました。
荷物受取は、いつものようにプライオリティタグが付いていないため、かなり待たされました。仕方ないです。。

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

SPG AMEXカードの特典で、荷物は無料で自宅に送ってもらいます。なんと預けた当日夕方に配達されました。

image178-500x375 2月14日エアアジアX 600便バンコク発成田行きエコノミークラス

懐かしいドンムアン空港

ドンムアン空港は、2006年にスワンナプーム空港ができるまでバンコクの表玄関だった国際空港でした。

前回記事にしましたエアポートバス A1が到着したのは7番とかかれた入り口。

image177-500x375 懐かしいドンムアン空港

エアアジアXは4番エリアがチェックインの場所となります。

image177-500x375 懐かしいドンムアン空港

まず預ける荷物のX-ray検査をしてから、チェックインの列に並びます。
もちろん優先チェックインとかありませんので、普通に列に並びます。ちなみにWebチェックインも可能で、出発時刻の4時間前までチェックインできます。webチェックインしておけば、この列に並ぶことなく、手荷物のみを預けるだけなので時間節約になります。

image177-500x375 懐かしいドンムアン空港

エアアジアXならびにタイ・エアアジアの路線網。2015年5月1日から札幌便がこれに加わります。

image177-500x375 懐かしいドンムアン空港

これはラップラオ散策している時にみかけたエアアジアの宣伝。おそらく札幌と大きく書かれています。

image177-500x375 懐かしいドンムアン空港

20時以降の国際線は成田行きのみ。ということは国際線エリアにいる人たちはすべて成田行きの人ということになります。

image177-500x375 懐かしいドンムアン空港

空港展望エリアに行ってみました。夜だし、誰もいません。

image177-500x375 懐かしいドンムアン空港

荷物も預け、身軽になりました。こちらが出国です。こんな感じでしたよねー。

image177-500x375 懐かしいドンムアン空港

あー、こんなショップありましたね。懐かしいです~。

image177-500x375 懐かしいドンムアン空港

King Power免税店にて。なかなかいいワインが売られています。価格もそれなり。

image177-500x375 懐かしいドンムアン空港

スタバもあり、和食の店FUJIもありました。

image177-500x375 懐かしいドンムアン空港

エンポリアムやサイアム・パラゴンにもあるPiriPiriがありました。ここで最後のビールとちょっと軽食をいただきます。これは店名にもなっているポルトガル風のピリピリチキン(1/4 クオーター)。スパイシーでいて、肉質は柔らかくて、まあいけます。

image177-500x375 懐かしいドンムアン空港

WifiはAISのものが飛んでいました。有料で購入できるということなので、iPhoneにささっているSIMが使えるかもと思い、やってみると見事、SIMに残っていた通話分の料金でWifi 1時間分を購入することができました。快適~。

image177-500x375 懐かしいドンムアン空港

というわけで懐かしいドンムアン空港の雰囲気をお伝えしました。
エアアジアのキャンペーン料金で、7月のバンコク往復を買っていますので、いい予行演習になりました。

ドンムアン空港へのアクセス 2015年2月

今回の帰りの飛行機は、エアアジア Air Asia Xです。
エアアジアのフライトは全てドンムアン空港、かつての国際空港からとなっています。

こちらに公共の交通機関で行きましたので、その方法をお伝えいたします。

モーチットバスターミナル⇒BTSモーチット駅(MRTチャトゥチャック公園駅)⇒ドンムアン空港というルートを、A1と呼ばれるオレンジ色の車体のエアコンバスが運行しています。運行時間は8:30~23:30で、運行間隔は20分に1本程度。料金は一律30バーツです。

モーチット駅はBTSの一番北側で左車線にバス停があります。

image172-500x375 ドンムアン空港へのアクセス 2015年2月

そこはMRTのチャトチャック公園駅の出口からもすぐです。
A1という看板が出ていますので、安心して待つことができます。

image172-500x375 ドンムアン空港へのアクセス 2015年2月

5分ほど待っていたらバスがやってきました。オレンジ色のバスで、全面上部にA1と大きく表示されていますので、間違うことはありません。

image172-500x375 ドンムアン空港へのアクセス 2015年2月

乗車すると車掌さんがやってきますので、30バーツ払います。普通のエアコンバスです。

image172-500x375 ドンムアン空港へのアクセス 2015年2月

このバスはれっきとした高速バスで、途中高速区間はもちろん停留場はありません。
高速を降りた後も、市場みたいなとこや国鉄ドンムアン駅で人がたくさん降りるので、間違ってついていかないようにして下さい。終点はドンムアン空港出発階になります。

image172-500x375 ドンムアン空港へのアクセス 2015年2月

無事到着。モーチット駅からは15分程度でした。そんなに荷物が大きくない場合には、このルートでドンムアン空港に行くのが簡単かつリーズナブルでしょう。

image172-500x375 ドンムアン空港へのアクセス 2015年2月