大館 花善の鶏めしチャーハン

この日から3泊で八幡平方面への旅行です。

初日のお昼ごはんは、大館駅前の花善で。鶏めしで有名なお店ですが、10時から食堂も営業しています。
何回か行ったことがあるのですが、今回も立ち寄ってみました。

image-308-500x375 大館 花善の鶏めしチャーハン

駅弁味の陣で、駅弁大将軍を獲得したらしい。さすが鶏めしの東横綱です。

image-308-500x375 大館 花善の鶏めしチャーハン

親子丼にも惹かれましたが、ここでしか食べられない鶏めしチャーハンをお願いします。

image-308-500x375 大館 花善の鶏めしチャーハン

10時30分頃の入店だったため、客は僕一人のみでした。

image-308-500x375 大館 花善の鶏めしチャーハン

厨房からご飯を炒める音が聞こえていまして、ほどなくして鶏めしチャーハンが運ばれました。

image-308-500x375 大館 花善の鶏めしチャーハン

キャベツのサラダには粒々のごまドレッシングがかかっています。

image-308-500x375 大館 花善の鶏めしチャーハン

こちらが鶏めしチャーハン。花善の鶏めしをフライパンで炒めたもの。
玉子の白身と黄身、そして紅しょうがのトッピング。

image-308-500x375 大館 花善の鶏めしチャーハン

秋田名物じゅんさいと三つ葉のみそ汁

image-308-500x375 大館 花善の鶏めしチャーハン

チャーハンには、鶏めしの鶏肉部分が沢山はいっていました。きっと駅弁の鶏めしよりも量が多いと思います。
鶏めし好きには大満足のランチとなりました。

image-308-500x375 大館 花善の鶏めしチャーハン

あなご重なんてあるのね。そんなには大館に来るチャンスはないのですが、また寄りたいお店です。

image-308-500x375 大館 花善の鶏めしチャーハン

小坂鉄道レールパーク

大館で鶏めしチャーハンを食べた後は、小坂町へ向かった。山間の大館樹海ロードを行きました。旧小坂鉄道小坂駅にある小坂鉄道レールパークへ。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

昔の駅舎がそのまま入場券販売所となっていました。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

硬券切符の入場券。ご丁寧にもしっかりと切符を切ってくれます。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

小坂鉄道は、大館から小坂までの鉱山鉄道で、2009年に廃止になりました。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

1994年までは旅客営業も行っていたため、駅名標とかもあって萌え要素あります。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

プラットホームはしっかりと健在。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

ディーゼル機関車。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

秩父宮、高松宮両殿下がご乗車になった貴賓車。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

今年から寝台特急「あけぼの」でも使われた24系寝台車が公開されています。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

この★のマーク懐かしいね。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

車両内部にも入ることができます。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

車両の端まで行くとA寝台車が見えます。この車両には実際に宿泊できるそう。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

お次は機関庫へ行ってみます。ディーゼル機関車が何台か展示されていました。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

その中の一台は運転室に立ち入り可能でした。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

構内入れ替え用のDD13と違い、前を向いた運転席もあるって。っていうかDD13は横向きイスしかないのか。勉強になるわ。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

歴史展示室なる小部屋もありました。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

サボとか。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

ナンバープレートも保管されています。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

時刻表ですが、大館からの連絡列車も記載されています。
急行「津軽」「千秋」「きたぐに」「陸中」「しらゆき」「むつ」「きたかみ」「みちのく」「はちまんたい」特急「日本海」「白鳥」だって。懐かしい列車のオンパレードです。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

小坂鉄道レールパークは、滞在1時間で展示物を楽しむことができました。

image-500x375 小坂鉄道レールパーク

小坂明治百年通り

小坂鉄道レールパークを見学した後は、隣接する小坂町明治百年通りへ行ってみました。

image-17-500x375 小坂明治百年通り

もう鉄道が走らない踏切。レールも錆びています。

image-17-500x375 小坂明治百年通り

花壇もきれいに造成中です。

image-17-500x375 小坂明治百年通り

天使館は、昭和6年にカトリック保育園として建てられ、その後、移転や改称が何度かされ平成4年まで利用されていた建物。西洋風の外観。

image-17-500x375 小坂明治百年通り

小坂鉱山事務所は、国重要文化財に指定された木造3階建ての近代西洋建築。玄関ホールには3階まで伸びている螺旋階段があり、繊細な彫刻やデザインを観ることができます。

image-17-500x375 小坂明治百年通り

旧小坂鉱山病院記念棟。病院自体はルネッサンス風の優雅なものだったそうですが、昭和24年に焼失。この記念棟は創建当時の姿を残すものだそう。

image-17-500x375 小坂明治百年通り

旧電練場妻壁。銅電解工場の一部を置いたもの。藤田組の社章のデザイン。

image-17-500x375 小坂明治百年通り

カフェの赤煉瓦倶楽部となっている建物は元々は電気を供給する配電所。

image-17-500x375 小坂明治百年通り

明治43年に建てられた康楽館は、木造としては日本最古の芝居小屋です。今も尚芝居小屋として使われており芝居だけではなく舞踊なども観ることができます。

image-17-500x375 小坂明治百年通り

image-17-500x375 小坂明治百年通り

明治の水道栓である共用栓。このような共同給水栓は120ヶ所もあったそうだ。

image-17-500x375 小坂明治百年通り

その昔は鉱山があったおかげで、秋田県内で2番めの人口だった小坂町。その近代化産業遺産群は、いま一つのテーマパークと化していました。