新宿 きづなすしのランチ

新宿でランチということで、クリエイトレストランツの優待券が使えるきづなすしに行って来ました。
新宿には2店あり、新宿西口のお店に行って来ました。

IMG_4217 新宿 きづなすしのランチ

ランチタイムということもあり、お客さんは7割程度かと。

IMG_4217 新宿 きづなすしのランチ

ランチのお品書き。この中から雅を選択して、さらにおみそ汁をアラ汁に変更してもらいました。

IMG_4217 新宿 きづなすしのランチ

ほどなくして雅が運ばれます。

IMG_4217 新宿 きづなすしのランチ

茶碗蒸しも付きます

IMG_4217 新宿 きづなすしのランチ

お寿司たちを接写!

IMG_4217 新宿 きづなすしのランチ
IMG_4217 新宿 きづなすしのランチ
IMG_4217 新宿 きづなすしのランチ

アラ汁も食べ応え有り。アラ汁変更はおすすめです。

IMG_4217 新宿 きづなすしのランチ

東京で1000円台で食べられ寿司にしてはクオリティが高いかと思いました。

新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ

スプーンに行った後、一人お帰りになり二人で二次会に行きました。
さあどこにしようと思った時、ひらめいたのがやはり同じ新宿三丁目にある貝料理専門の「はまぐり」。

IMG_4109-e1488092213648 新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ

ちょうどカウンターが空いていて、すんなりと入店できました。

IMG_4109-e1488092213648 新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ

お通しのハマグリのお吸い物と貝のおつまみ

IMG_4109-e1488092213648 新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ

こりゃ日本酒が欲しくなるなー。こりこりとした貝の和え物

IMG_4109-e1488092213648 新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ

ハマグリのスープはこころが温まります。大ぶりな身も味がしっかりしていて美味しい。

IMG_4109-e1488092213648 新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ

生牡蠣を6つ頼んだよ

IMG_4109-e1488092213648 新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ

潮の香りと味が口の中で広がります。ここの生がきは美味しいのにとってもリーズナブル。

IMG_4109-e1488092213648 新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ

ということでやっぱり日本酒だよね。山口県のなんとかってやつ

IMG_4109-e1488092213648 新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ

つぶ貝の串焼き
これは普通

IMG_4109-e1488092213648 新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ

生牡蠣が美味しかったのでカキフライ

IMG_4109-e1488092213648 新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ

ジューシーな仕上がり。最高の締めになりました。
となりのおねーちゃんが興味津々で、それなんなんですか〜?って聞いていました。

IMG_4109-e1488092213648 新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ

貝ばっかりのメニュー
貝好きにはたまらないお店でしょう

IMG_4109-e1488092213648 新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ
IMG_4109-e1488092213648 新宿 はまぐりで生牡蠣を楽しむ

新宿 彗富運(スプーン)のビストロ料理

東京に行きました、先日。そして高校の時の同期と飲みに行きました。
行ったのは、新宿三丁目の彗富運/SPOONというビストロです。

IMG_4099 新宿 彗富運(スプーン)のビストロ料理

まずは泡で乾杯

IMG_4099 新宿 彗富運(スプーン)のビストロ料理

パンがお通しかな?

IMG_4099 新宿 彗富運(スプーン)のビストロ料理

4酒類のアンティパスト盛り合わせをまず発注。
マグロのカルパってょ、パテ、温野菜、ポテトサラダというラインナップ。野菜のゆで加減も絶妙で、とっても歯ごたえや甘みがあってよろし。ポテトサラダもぷちぷちと歯ごたえのある、何かが入っています。これらをつまんでいたら、ちょっと遅れていた友だちが合流して3人全員揃いました。

IMG_4099 新宿 彗富運(スプーン)のビストロ料理

レバーの串焼き
レアに仕上げてあり、ジューシーでうまい。

IMG_4099 新宿 彗富運(スプーン)のビストロ料理

鶏モモ肉の串焼き
こちらは塩で香りがいい

IMG_4099 新宿 彗富運(スプーン)のビストロ料理

エゾジカの炭火焼き

IMG_4099 新宿 彗富運(スプーン)のビストロ料理

いま流行りのジビエですね。表面がかりかりで、中はかなり赤い

IMG_4099 新宿 彗富運(スプーン)のビストロ料理

ワインと美味しいおつまみに昔話に花が咲きました。
工藤先生、今回は色々ありがとうございました〜。またよろしくお願いします。