オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

モネ・ルノワールの他にもオランジェリー美術館には、すごいコレクションがあります。その一部をwikiの引用を交え、ご紹介します。

セザンヌ

ポール・セザンヌ(Paul Cézanne, 1839年1月19日 – 1906年10月23日(墓碑には10月22日と記されているが、近年は23日説が有力[注釈 1]))は、フランスの画家。当初はクロード・モネやピエール=オーギュスト・ルノワールらとともに印象派のグループの一員として活動していたが、1880年代からグループを離れ、伝統的な絵画の約束事にとらわれない独自の絵画様式を探求した。ポスト印象派の画家として紹介されることが多く、キュビスムをはじめとする20世紀の美術に多大な影響を与えたことから、しばしば「近代絵画の父」として言及される。

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

ピカソ

パブロ・ピカソ(Pablo Picasso, 1881年10月25日 – 1973年4月8日)は、スペインのマラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家、素描家、彫刻家。
ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られる。生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されている。

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

ローランサン

マリー・ローランサン(Marie Laurencin, 1883年10月31日 – 1956年6月8日)は、20世紀前半に活動したフランスの女性画家・彫刻家である。

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

アンドレ・ドラン

アンドレ・ドラン(Andre Derain, 1880年6月10日 – 1954年9月8日)は、フォーヴィスム(野獣派)に分類される20世紀のフランスの画家。イヴリーヌ県シャトゥー出身。
アンリ・マティスらとともにフォーヴィスム(野獣派)の運動において指導的役割を果たした画家。風景、人物、静物などさまざまな画題の作品がある。作風も、ポール・シニャック風の点描に近い技法を用いた風景画から、キュビスム風の静物画まで幅広い。

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

ゴーギャンも1枚ありました。

ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(フランス語: Eugène Henri Paul Gauguin 1848年6月7日 – 1903年5月8日)は、フランスのポスト印象派の画家。姓は「ゴギャン」「ゴーガン」とも。

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

ユトリロ

モーリス・ユトリロ(Maurice Utrillo, 1883年12月26日 – 1955年11月5日)は、近代のフランスの画家。生活環境に恵まれなかったにもかかわらず、飲酒治療の一環として行っていた描画が評価され、今日に至る。母親であるシュザンヌ・ヴァラドンもまた画家であったが、彼らはそれぞれ違った方法で自分たちの絵画のあり方を確立している。

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

このように何気なく展示されていました。

image282-e1444883135783-375x500 オランジェリー美術館でセザンヌ、ピカソなどを見る

オランジェリー美術館、前回訪ねたのは1994年ですから、20数年振りで施設もすごく前とは変わっていましたが、最高でした。

オランジェリー美術館でルノワールを見る

オランジェリー美術館にはルノワールの作品も数多く展示されている。

まずはwikiから引用しよう。

ピエール=オーギュスト(オギュスト)・ルノワール(フランス語: Pierre-Auguste Renoir発音例、1841年2月25日 – 1919年12月3日)は、フランスの印象派の画家である。後期から作風に変化が現れ始めたので、まれにポスト印象派の画家とされることもある。
風景画、花などの静物画もあるが、代表作の多くは人物画である。初期にはアングル、ドラクロワなどの影響を受け、モネらの印象主義のグループに加わるが、後年は古典絵画の研究を通じて画風に変化が見られ、晩年は豊満な裸婦像などの人物画に独自の境地を拓いた。日本など、フランス国外でも人気の高い画家である。
長男のピエールは俳優、次男のジャンは有名な映画監督である。

作品の横には作者と作品名を書いた札があるので、そんな作品なのかが一目瞭然。(フランス語は読めないけどね)

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

こんな風にさりげなく名画が展示されているのよね。

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

それでは僕がかぶりついて撮影したルノワールの数々を貼り付けます。

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

image278-500x375 オランジェリー美術館でルノワールを見る

いやあ、圧倒されます。オルセーのルノワールもムーラン・ド・ラ・ギャレットとかダンスシリーズがあっていいけど、ここもピアノのとかあってとってもいいです。

オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

パリで一夜を過ごし、その翌日。ずーっと天気は良かったのですが、この最終日だけ雨が降ったりやんだりの天気。
月曜日でオルセー美術館も開いていないので、オランジェリー美術館に行ってきました。ここはモネとルノワールのコレクションがすごい記憶がありました。

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

開店少し前に行ったため、そんなに混雑していなくてよかった。

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

まず入場するとモネ睡蓮の間につながります。大きな睡蓮が4作、展示されています。大迫力の睡蓮です。

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

拙者、接写するでござる

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

すごかったね〜と次の部屋に行くと圧倒されます。
モネの間その2でござる。これまた大作が4点の大展示。

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

拙者(後略)

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

image263-500x375 オランジェリー美術館でモネの睡蓮を見る

これだけの睡蓮を見ると、昨年行ったジヴェルニーのモネの庭園を思い出します。
ちなみにその時の記事はこちらになります。
ジヴェルニーのモネの家と庭園

すごいわ〜。本当にすごい。ルノワールの巻に続く。