青森煮干しラーメンランキングを改訂しました

青森から札幌に引っ越した2017年3月、ブログも引越しを行いました。

2016年に青森煮干しラーメンランキングを作成して、みなさんにも公開させていただきましたが、最後に上位各店の確認を行い、順位の見直しを行いました。ブログでは変更した分はお伝えしておりましたが、やはり総括しなくてはいけないと今回の改訂に至りました。

今回はトップ10のみならず、30位までを掲載いたしまして、僕の青森煮干しラーメン行脚の集大成とさせていただきます。どうぞご覧下さい。そしてみなさんの煮干しラーメン店選びの参考にしていただければ幸いです。

2017年3月版青森煮干しラーメンランキング

ベスト10のランキング
青森煮干しラーメンランキング【1-10位】

image628-500x375 青森煮干しラーメンランキングを改訂しました

11-20位のランキング
青森煮干しラーメンランキング【11-20位】

image628-500x375 青森煮干しラーメンランキングを改訂しました

21-30位のランキング
青森煮干しラーメンランキング【21-30位】

image628-500x375 青森煮干しラーメンランキングを改訂しました

いままでのランキングも2016年版として残してありますので、ご参考までに〜
青森煮干しラーメンランキング【2016年版】

津軽海峡フェリーに乗って函館へ

青森で荷物を出した翌日、札幌での荷受けが3日後であるため、ゆっくりと札幌に行くことにしました。

北海道新幹線で新函館北斗までは何回か行っていますし、新幹線は運賃が高いので、津軽海峡フェリーで行くことにしました。Webで申し込むとこの時期、片道2,000円で行けます。

青森のフェリー埠頭にて。
船が意外に大きくてびっくりです。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ
IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

出航の40分くらい前に搭乗開始となりました。
フェリーターミナルの建物の3階からの乗り込みです。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

なんとこの乗船した船「ブルーハピネス」は、今月就航したばかりで真新しいものでした。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

フロントみたいなところで、個室とかの鍵を渡しているようです。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

最初はスタンダード席であるカーペットのエリアに行ったのですが、なんか暗い。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

そこで窓に面したフリースペースに座って、パソコンいじったり読書したりすることにしました。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

さあいよいよ出航です。定刻10時ちょうど離岸し、青森港を離れていきます。ばいばーい!

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

ご覧あれが竜飛岬北のはずれです。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

北海道も見えてきます。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

さてお昼ごはんでも食べましょうかねー。売店もありますが、お土産物とスナック等が中心。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ
各種自販機と電子レンジが何台も置いてあります。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

こんなものがありますぞ。かなやのかにめし

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

結局、こいつを購入。冷凍されていますので、電子レンジで解凍・加熱します。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

ちょっと小ぶりでプラスティックの入れ物だけど、雰囲気はそっくり。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

蟹肉もいっぱい入っており、気分満点です。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

3時間半くらいで、函館港が見えてきました。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

着岸してからしばらくしてから下船開始です。新造船ということもあり快適な船旅でした。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

青森よりも立派な函館港ターミナル

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

20分程待って、ラビスタ函館ベイ行きのバスに乗って、函館駅へ。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ
IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

無事函館駅に到着しました〜。

IMG_5139 津軽海峡フェリーに乗って函館へ

青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

院長が最後のご飯はどこがいい?と聞いてくれたので、「天ふじ」がいいな〜と言ったらセッティングしてくれました。この日は昼抜きで引越し作業にあたった後でした。
天ふじは、青森市長島のちょっと寂しいところにあります。

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

お寿司屋はやっぱカウンターでしょという院長の配慮

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

生ビールで乾杯

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

ハタハタ鮨
ブリコの歯ごたえが特徴

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

菜の花のお浸し

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

お刺身盛り合わせ
本マグロ、活ボタンエビ、北寄貝、赤貝
文句なしに旨い。ボタンエビの頭は後で素揚げしてくれます。

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

田酒に移行

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

かずのこ一本
ものすごく脂ののった数の子で、醤油のしみ具合も絶妙。ちびちびと手で持ってかじる。

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

鮑のステーキ、肝バターソース
津軽海峡の味とでもいいましょうか、そんな味がします。

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

黒石・鳴海醸造店の稲村屋文四郎の純米大吟醸

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

焼き立ての卵焼き
甘いタイプの卵焼きです

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

活ヒラメの握り
さっき店主が捌くまで生きていました。

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

そのヒラメの縁側
ああ、ぜいたくだー

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

活ヤリイカのゲソ
レモンを絞ると踊りだします

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

生うに
海苔の香りがしないだけでも、純粋にウニの甘みを楽しめます。

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

やりいか 胴体の部分

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

ヤリイカ エンペラの部分
テクスチャーの違いを楽しむことができる。すごい。

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

小肌
酢の浸かり具合も完璧です。

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

穴子
炙り穴子の塩と煮詰めの2種類を味わえます。

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

本マグロ
薄く切ったガリが乗せられています。間違いのない味

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

お酒はこのくらいにしていおいて、しじみ汁を楽しみます。

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

ねぎとろ巻き

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

ものすごく糖度の高いトマト
ほんとに甘い

IMG_5104 青森滞在最後のご飯 天ふじのお寿司 2回目

ああ、美味しかった。
青森市で僕が食べたお寿司の中で一番美味しいお店だと思う。
院長、色々お世話になりました。明日青森を船で離れます。