急行はまなす号の車両・設備

JRの札幌~青森間夜行急行列車「はまなす」は、津軽海峡線(青函トンネル)開通により廃止された青函連絡船の深夜便の代替として、1988年に運転が開始されました。

バラエティに富んだ車両グレードと使いやすい運行時間が特長で、運行開始以来、数多くの乗客を運んで来ましたが、車両の老朽化及び北海道新幹線開業に伴い、2016年3月をもって運行を終了します。
運行しているうちに1度乗りたいと思い、2泊で函館まで行ってきました。

出発は木曜日の夜。すっかり雪の青森駅です。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

急行はまなす、22時18分発です。青森駅入線は21時45分頃とのことなので、その時間に改札口を通りました。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

青森発札幌行の唯一の列車です。あー、廃止が惜しいな。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

電気機関車牽引の客車列車です。出発前から既に雪まみれ。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

昭和50年製のED79。長持ちですね。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

あー、このブルトレの行き先表示。懐かしいです。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

B寝台。A寝台がグリーン車相当です。★★★は2段寝台のマークでベッド幅は70cm、20系とかの★一つの寝台車は3段で、しかも幅が52cmしかなくせまかったな〜。
この日は通常のB寝台2両の間に増結車両が1両入り、3両編成の寝台車でした。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

片側に通路があり、跳ね上げ式のイスがあります。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

高校の時の修学旅行は、帰り大阪から日本海の寝台車を使ったのもいい思い出です。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

3号車と7号車は自由席。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

14系客車ですが、シートがカラフルになっています。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

4号車はのびのびカーペット車両。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

カーペット敷きになっていて、足を伸ばして寝ることができます。
まくらとシーツが付属しています。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

階段を登ったところは、進行方向に寝る個室タイプの席になっていて、プラチナチケットと化しています。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

5号車、6号車はドリームカーという名前の指定席です。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

ドリームカーの車端部にはちょっとしたスペースがあります。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

183系気動車のグリーン車に使用されていた大型リクライニングシートを換装しており、リクライニング角度が深いのが特長です。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

最後尾まで行ってみました。愛称表示がいいっすね。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

まだ出発まで時間があるので、隣のホームから車両群を撮影。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

のびのびカーペット車は異様な窓構成となっています。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

さあ、そろそろ出発です。シートに戻りましょう。

image416-500x375 急行はまなす号の車両・設備

急行はまなす号に乗って函館まで

さていよいよ急行はまなす号が青森駅を出発します。夜行列車ですが、函館までの夜の旅となります。
函館まで乗車するのは、5号車ドリームカー(指定席)の10Aです。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

JR北海道の183系気動車のグリーン車座席を換装したもの。乗り心地はふんわりです。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

前の人が座席をリクライニングさせていますが、かなり深く倒すことができるシートです。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

22時18分、いよいよ出発です。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

駅の端っこではファンらしき人と運行関係者がいました。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

車窓は暗くあまり見えません。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

途中蟹田を過ぎたあたりで座席車も減光されます。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

青函トンネル内の複雑なレール構成。
特に新幹線軌道と共用部分に入るとロングレールで継ぎ目がなく、客車であること、シートが柔らかいということから非常に快適な乗り心地。こんな素敵なものをなくしてしまうのは非常に残念です。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

北海道に渡り木古内駅に運転停車。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

少々の遅れで函館駅に到着しました。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

こういうホームの乗車口表示板って懐かしいなー。上野駅とかにもいっぱいあったなー。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

函館駅は青森駅と同じくスイッチバック。いままで走っていた1番後の部分にDD51が取り付けられていました。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

ヘッドマークが使われるのも、あと2ヶ月だけです。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

進行方向が逆になります。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

いままで牽引していたED79は切り離されます。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

函館駅は頭端式ホームで、改札口がその方にあるから趣があります。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

3月26日の北海道新幹線開業の横断幕

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

深夜の函館駅。これから駅前のホテルにチェックインです。

image439-500x375 急行はまなす号に乗って函館まで

函館 さい藤の最上級ロースカツ

函館のお昼ごはんは、とんかつ屋さんにしました。市電千歳町からすぐのとんかつ「さい藤」です。

image459-500x375 函館 さい藤の最上級ロースカツ

昔ながらのとんかつ屋さんといった風情です。

image459-500x375 函館 さい藤の最上級ロースカツ

こちらメニューとなります。カツ丼や串かつ定食にも惹かれましたが、ここは最上級ロースカツを選択しました。じっくり揚げるので15分くらいお待ちいただけますか?とのことでした。

image459-500x375 函館 さい藤の最上級ロースカツ

image459-500x375 函館 さい藤の最上級ロースカツ

そして待つこと10数分。最上級ロースカツがやって参りました。

image459-500x375 函館 さい藤の最上級ロースカツ

ものすごく肉厚で2cm弱といったところ、中心部はやっと火が通ったくらいで絶妙な火の通し方。衣は薄く仕上げてあります。

image459-500x375 函館 さい藤の最上級ロースカツ

自家製ソースをつけていただきます。

image459-500x375 函館 さい藤の最上級ロースカツ

このとんかつがめちゃくちゃジューシーなんです。しかも柔らかい。なかなかこのレベルのとんかつには巡り会えないです。

image459-500x375 函館 さい藤の最上級ロースカツ

函館まで来て選んだとんかつ。この選択に間違いはありませんでした。

image459-500x375 函館 さい藤の最上級ロースカツ