札幌 北海道開拓の村

北海道開拓の村は、明治から昭和初期にかけて建築された北海道各地の建物を移築復元・再現した野外博物館。
1983年開村ですから、もう30年の歴史があるんですね。

さあ、行ってみよー。こちらはエントランスとなる建物。旧札幌停車場。入場券などはこちらで購入します。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

市街地一般住宅が数軒展示されていました。旧松橋家住宅。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

ここからは漁村郡。はねだしという海にせせりでた倉庫。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

小樽のニシン漁師、旧青山家住宅。超金持ちっぽい。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

住宅内には大漁旗が飾られていまして、ボランティアの方が説明していました。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

廊下という建物、ニシンを一時収蔵するための施設。また倉としても使用されていたよう。船が2艘展示。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

こちらは農村郡で、旧小川家酪農畜舎。しかし建屋の屋根が喪失していて改修中でした。きっとメンテナンスに金かかってるね、開拓の村は。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

こちらは明治の開拓小屋を復元したもの。居住者が最初に建てた住宅。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

本当、冬は寒かっただろーなー。風がピューピューです。ものすごく感銘を受けました。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

旧平造材部飯場。木工業に携わる方々の飯場です。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

こんなところでみんなで寝てたんだねー。寝床の長さが140cmくらいしかないのが驚き。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

森林鉄道機関庫。鉄道を見ると萌えます。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

実際に使われた機関車が飾られていました。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

旧札幌農学校寄宿舎である恵迪寮。伝統のある寮のようで、卒業生の協力でかなりの量の展示物がありました。
image82-300x225 札幌 北海道開拓の村
再び市街地郡に戻ってきました。岩見沢の旧広瀬写真館。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

鉄道馬車が紅葉の中を走っていました。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

旧太田装蹄所。蹄鉄屋さんですが、家の前のゴミ箱がなんか見た記憶があります。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

中頓別の渡辺商店。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

雑貨屋さんのとのこと。店内にもトロッコがあったそうです。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

旧島歌郵便局。明治時代の郵便局。趣きがあります。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

旧札幌警察署南1条巡査派出所。これまた明治。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

旧小樽新聞社。中には写植機とか活字とかが展示されていて、印刷インキの匂いがしました。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

旧三〼河本そば屋。明治時代の小樽のお蕎麦屋さんだそう。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

なんか最近まで営業してましたーって言ってもおかしくない雰囲気。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

旧近藤染舗。旭川で最も古い染屋さんだそう。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

宗谷本線永山駅前にあった旧来正旅館。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村
旧浦河支庁庁舎。お役所の建物はどれも立派だな~。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

旧開拓使札幌本庁舎。これは移築ではなく再現のため、内部は近代的でがっかり。
この本庁舎はわずか5年で焼失したそう。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

建物群をほとんど見学して、満足して外に出た時には、このようなきれいな夕焼けでした。

image82-300x225 札幌 北海道開拓の村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です