横浜そごうの竹鶴バー

横浜そごうの「秋の北海道物産と観光展」で出店していたウイスキー竹鶴バーに行ってきました。
これはニッカウヰスキー創業80周年を記念して、「竹鶴」を中心にニッカの様々なウイスキーが飲み比べできるお店です。北海道展のいい場所で出店しておりました。

blog_import_546c1ec5db6c5 横浜そごうの竹鶴バー

ちょうど今週からNHKのテレビ小説で、創業者竹鶴政孝とその妻リタをモデルした「マッサン」が始まりましたね。そこのところにスポットをあてた展示になっています。

blog_import_546c1ec5db6c5 横浜そごうの竹鶴バー

メニューはこちら。飲み比べセットは、ブレンデッドの竹鶴とシングルモルトの余市セットがラインナップ。

blog_import_546c1ec5db6c5 横浜そごうの竹鶴バー

結局、シングルモルトのセットを選択しました。
左から余市10年、余市12年、余市15年。だんだん美味しくなるけど、ブラインドだったらわからないかもー。自分の実力のなさを痛感しました

blog_import_546c1ec5db6c5 横浜そごうの竹鶴バー

この後、7日までは新宿伊勢丹で、9日から15日までは上大岡京急百貨店で開催するそうですから、飲めなかった竹鶴セットも飲むことはできます。

blog_import_546c1ec5db6c5 横浜そごうの竹鶴バー

僕は北海道余市のニッカウヰスキーの工場には3回程行って、竹鶴博物館みたいなところにも、その前の元々の竹鶴の家が展示されていたものも見たことがあります。ですので、なんか思い入れがあるなー。
お二人の物語は、森瑤子の「望郷」だっけかな、が詳しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です