築地 魚四季で飲む

東京の初日、宿はコートヤード東武銀座。ラウンジがなくウェルカムドリンクが付く。一番高いグラスシャンパンをいただいちゃいました。

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

さて、晩は主に元ユニリーバの人たちと築地の勝鬨橋たもとの魚四季というお店へ。

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

店頭にあるメニュー
お魚に自信のあるメニュー構成となっていますが、ものすごく高額なものもあり驚く

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

店内

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

まずはプレモルで乾杯しましょう!
みなさま、お久しぶりです

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

ホタルイカの沖漬け

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

エイヒレ

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

お刺身盛り合わせ
さすが築地。普通に美味しいです

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

ゲソ揚げ

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

店名を冠した日本酒をいただきます

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

メジマグロのかぶと焼き
小さめの本マグロのことだと思います。

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

このように僕が積極的に解体しました

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

するめいか丸干し
胴体にきもも一緒に干されていて、その塩っけが効いている

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

かき揚げ
で・でかい

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

ふぐの白子天
とろんとしています

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

自家製さつまあげ

346C5650-6364-4176-9D17-0384EA156EB3-e1530581307881-375x500 築地 魚四季で飲む

こんなおやじっぽい肴を食べながら、近況報告やタイで会いましょうなんて会話で盛り上がりました。
みなさん、お世話になりました。きんぞう君もタイでお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です