ワットパクナムとワットアルン

観光にも行きましょうということで、ワットパクナムへお連れします。
BTSに乗って、ウッタカート駅まで行きました。

ウッタカート駅から、前回とは違う川沿いの近道でワットパクナムへ行ったところ、10分少々で到着しました。

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

大仏塔の説明書き

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

金の宝珠
小さく見えるけど、100kg!だそうだ

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

この日は日曜日だったので、エレベーターで楽々で上がれました。

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

各フロアの説明
緑の仏塔は5階にあります

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

こちら緑の仏塔です。

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン
B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

外に出てみると巨大な大仏が建造中でした。

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

今度はMRTのバーンパイ駅まで行って、MRTイサラパープ駅まで2駅乗車
イサラパープ駅から少々迷いながらも、ワット・アルンに到着しました

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

50バーツ支払って入場します。
本日もとってもきれいな仏塔でした

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン
B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

チャオプラヤ川まで出て、チャオプラヤエクスプレスでサトーン桟橋へ向かいます

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

船から見たワットアルン。全容が見えません

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

アイコンサイアムの近くに船の博物館がありました。何なんだろうな

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

アイコンサイアム

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

のどかなチャオプラヤ川

B2F13A88-6A12-49CC-B062-6ED86D1A9237-e1587866493360-450x600 ワットパクナムとワットアルン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です