南幌 ことぶきやの牡蠣料理

苫小牧で海鮮の朝食を食べたあとは、恵庭温泉ラフォーレで汗を流したあと、南幌町へ。札幌の東南に位置する南幌町なんですが、厚岸直送の牡蠣が食べられるお店があるのです。

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

1階には牡蠣がずらっと水槽にはいっています。

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

そしてその横には水産物を売るコーナー

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

2階のテーブル席に案内されました

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

メニュー

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

朝ごはんが10時だったため、さほどお腹空いておらず。
みんなで牡蠣料理をシェアしましょうということで注文しました。

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

まず来たのはカキフライ

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

ところがこのカキフライがアツアツで提供されず、なんかぬるい。
これはおかしいだろう。

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

タルタルソースをのっけて食べても、熱々じゃないためなんか盛り上がらない。揚げたての牡蠣フライを出さない、この店のオペレーションに疑念が持たれる。

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

生牡蠣

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

これは美味しい。たしかに新鮮だ。

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

牡蠣ステーキ定食

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

牡蠣ステーキが5つ
これは調理したばかりのものが提供された

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

副菜

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

牡蠣ステーキはにんにくを効かしており、やや味付けがしょっぱかった。

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

お味噌汁は牡蠣汁でした。

1F50B36E-E74D-40A0-803C-6FA1E665FBA8-600x450 南幌 ことぶきやの牡蠣料理

南幌町のことぶきや、わざわざ行ったのに残念なカキフライでした。素材はいいのに、調理や提供でそれを台無しにしてしまうことを体をもって体験しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です