パークレット リムナームの川海老料理

明けましておめでとうございます。
今年も北の食材とか南国の話題とかになろうかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

さて弘前の若者が、ブログでも何回か登場した川海老を食べてみたいとのことなので、パークレットまでお連れしました。アヌサワリーから166番のバスに乗ってパークレットへ。お花を手向けます。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

またまた来ました〜。何回目なのかもう自分でもわからなくなってきました。少なくとも10数回は来ているはず。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

この廊下の先にレストランはあります。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

席に案内されました。11時過ぎなのに、かなりのお客さん&川側の席はほとんど予約席!すごい人気です。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

おお、メニューが新しくなっとる。表紙が固い素敵なものに変身しています。
すくなくとも僕の記憶では、メニューが刷新されたのは2回目です。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

若者は行ける口なので、シンハビールで攻めます。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

クンテン
川海老の踊りです。とはいっても生ではなくさっと湯がいたもの。それのハーブソース和えです。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

ハーブソースの辛さとえび味噌の甘さの鬩ぎ合いが楽しめます。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

ルークチン・プラー・パッキーマオ
魚のつみれの酔っぱらい炒め。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

つみれのプリプリ感が楽しめます。一緒に炒めてある生胡椒やココナッツの若芽が日本にはない味です。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

きゃあーきました〜 クン・メナーム・パオ

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

海老みそが魅惑的な輝きを放ちます。今回注文の海老はとってもお利口さんなのか、全くもって深い味わいを供してくれました。ああ、これだから高くてもやめられないのよ〜。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

絶妙のタイミングで調理されている身の部分は、プリっぷり。
このプリッ感はハンパじゃありません。海老みそと食べたり、ハーブソースで食べたり。ホンマ僕的には食の世界遺産に認定です。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

さてご飯タイムです。
ヌア・プー・パッポンカリーです。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

カニ肉がたくさん、簡単に食べられます。油っぽくないからご飯と一緒に頂きますが、ビールともあうんですわ〜。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

んな感じでヘビロテのリムナーム。今回も新たな感動を届けてくれました。僕が最初訪問した頃からいる、いつもの店員さんお二人も健在でした〜。

image459-500x375 パークレット リムナームの川海老料理

パークレット リムナームの川海老

ちょっと前後しますが、アユタヤまで行って、バンコクに戻るということで、パークレットに行って川海老を食べてきました。

駐車場は、橋の下の公共のパーキングを使用。いつもの入り口です。

image318-500x375 パークレット リムナームの川海老

日曜日のお昼前で、大体半分くらいの席はうまっていました。

image318-500x375 パークレット リムナームの川海老

クンテン
小さめの川海老を軽く湯がいて、ハーブソースをつけたもの。あまり辛くしないでといっても、やっぱり辛い〜。

image318-500x375 パークレット リムナームの川海老

頭のミソの部分の甘さとハーブが絶妙のコンビネーションです。

image318-500x375 パークレット リムナームの川海老

そしてこちらがお待ちかねクン・メナーム・パオ、川海老のグリルです。
海老味噌はクリーミーでとろとろ、身はプリっぷりです。

image318-500x375 パークレット リムナームの川海老

輝く海老みそ。うっとりします。

image318-500x375 パークレット リムナームの川海老

ぷりぷりの身をはがして、海老みそを付けていただきました。

image318-500x375 パークレット リムナームの川海老

さて締めのご飯は、ヌア・プー・パッポンカリー。カニの身のカレーたまご炒め。

image318-500x375 パークレット リムナームの川海老

カニの身がたくさん。ご飯とよく合います。食べるの楽でいいか〜♪

image318-500x375 パークレット リムナームの川海老

というわけでパークレットの川海老レストラン。ここは本当に美味しいです。
さあ、バンコクに行ってレンタカーを返そう。まずはスクンビットのマリオットを目指します。

image318-500x375 パークレット リムナームの川海老

パークレット リムナームの川エビ

アユタヤに向かう途中、友だちにパークレットに寄ってもらい、お花を手向け、川エビを食べてきました〜。

image92-500x375 パークレット リムナームの川エビ

席まで予約しておいてもらいました。なのでリバービューの特等席です。

image92-500x375 パークレット リムナームの川エビ

クンテン
湯がいた小さめの川エビのハーブ和えです。めちゃスパイシー。

image92-500x375 パークレット リムナームの川エビ

でもミソ部分が甘いぞ。

image92-500x375 パークレット リムナームの川エビ

ルークチン・プラー・パッキーマオ
魚のつみれの酔っぱらい炒め。生胡椒がアクセントになっています。つみれはぷりっぷり。

image92-500x375 パークレット リムナームの川エビ

フライドポテトみたいに見えるやつはココナツの若芽。タケノコみたいな食感です。

image92-500x375 パークレット リムナームの川エビ

ヌアプーパッポンカリー
カニのむき身の卵カレー炒めです。今回の出来はものすごくよく、友だちも美味しいとパクパク食べていました。

image92-500x375 パークレット リムナームの川エビ

ソンブーンのものに比べて本当に油分が少ないです。カニはむいてあるので、食べるのが楽〜♪

image92-500x375 パークレット リムナームの川エビ

さあてやってまいりました川エビの炭火焼き。クン・メナーム・パオ
価格が上がりに上がり、この日は780バーツ。日本円にすると3000円近い逸品となります。

image92-500x375 パークレット リムナームの川エビ

だけどミソはトロッとろ、身はぷりっぷり。こんな海老は日本ではお目にかかれません。
またこの店は、調理の具合が絶妙。他の店だとたいてい熱が入りすぎてしまって、ミソが固まっていたり、身がぱさついたりなんですわ〜。

image92-500x375 パークレット リムナームの川エビ

いつもいる兄ちゃんと姉ちゃんにも挨拶出来ました。タイ人の友だちが兄ちゃんと話しして、10年以上前から来てるんだーなんて驚いていました。

image92-500x375 パークレット リムナームの川エビ