苫小牧から札幌に戻る

マルトマ食堂から苫小牧駅に戻る途中、苫小牧科学センター前に蒸気機関車が展示されています

98206F7A-430F-48D2-9270-8069C7193D28-500x375 苫小牧から札幌に戻る

C11 133号です。C11といえば、一昨日に乗車したSL冬の湿原号を牽引したのも同型機です。

98206F7A-430F-48D2-9270-8069C7193D28-500x375 苫小牧から札幌に戻る

運転席まで入ることができます

98206F7A-430F-48D2-9270-8069C7193D28-500x375 苫小牧から札幌に戻る

説明書き

98206F7A-430F-48D2-9270-8069C7193D28-500x375 苫小牧から札幌に戻る

屋外展示なのに保存状態はとても良さそうです

98206F7A-430F-48D2-9270-8069C7193D28-500x375 苫小牧から札幌に戻る

さあ苫小牧駅に帰ってきました

14時過ぎですが、13時53分発のスーパー北斗9号がまだ到着していないようです。
みどりの窓口で指定券を発行してもらいました。

98206F7A-430F-48D2-9270-8069C7193D28-500x375 苫小牧から札幌に戻る

ホームに降りるとほぼ同時にスーパー北斗が入線してきました

98206F7A-430F-48D2-9270-8069C7193D28-500x375 苫小牧から札幌に戻る

この列車も多分にもれず大陸の人がたくさん

98206F7A-430F-48D2-9270-8069C7193D28-500x375 苫小牧から札幌に戻る

札幌駅到着〜

98206F7A-430F-48D2-9270-8069C7193D28-500x375 苫小牧から札幌に戻る
98206F7A-430F-48D2-9270-8069C7193D28-500x375 苫小牧から札幌に戻る

今回で2018年1月北海道旅行の最終回です。
大人の休日倶楽部パスを使って、札幌から旭川、網走、釧路経由帯広、苫小牧とまわりました。計算はしていませんが、楽勝でもとは取れてるかと。JR北海道は釧網本線廃止どころか、JR東日本の五能線をお手本にクルーズ列車を開発すべきだと思います。がんばれ〜!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です