博多久松の3段重おせち「舞鶴」壱の重

元旦の晩ゴハンは、昨日に引き続きおせちの別の重を。
壱の重、いきまーす。

image7-500x375 博多久松の3段重おせち「舞鶴」壱の重


味付け数の子
黄金色に輝く色彩はおせちの華。こりこり食感をお楽しみください。→ めちゃくちゃ美味しく味付けされていました。たくさん入っていましたけど、ペロリ。
祝い海老
生きたまま蒸し上げ、旨みを凝縮しました。鮮やかな赤色が美しい一品です。→ 解凍のわりにはまあまあ。

image7-500x375 博多久松の3段重おせち「舞鶴」壱の重

いか明太和え
博多自慢の明太子をたっぷり使用。イカと和えました。→ しょっぱい。明太子自体もあんまり美味しいと思えなかった。
鯖昆布巻
脂の乗ったサバと昆布の旨味で仕上がった一品。味付けは甘口で醤油味に。→ 味付けよし。
ばい貝旨煮
丁寧に下処理し、柔らかく炊き上げました。店長松田も大好物です。→ バイ貝の身が小さかったもしくは煮過ぎで小さいのでは。
真だらこ旨煮
濃厚な旨味を持つ真ダラコと甘辛い醤油味が相性抜群の一品です。→ あ、これ美味しいですね。普段真鱈の子どもは食べないので驚きでした。

image7-500x375 博多久松の3段重おせち「舞鶴」壱の重

紅白市松蒲鉾
縁起の良い紅白の市松模様の蒲鉾。プリッと食感のあっさり味。→ 普通
伊達巻
ふっくらとしているのにしっとりとした食感と上品な甘さが特徴の自慢の一品。→ 甘さ控えめで美味しくいただきました。
ふくさ焼
卵と魚肉すり身を丁寧に混ぜ、野菜を入れてしっとり蒸し焼きにしました。→ 野菜はシャキシャキだけど、いかんせんちょっとしょっぱい。

image7-500x375 博多久松の3段重おせち「舞鶴」壱の重

鳴門金時芋レモン煮
鳴門金時芋をレモン煮に仕上げ、さっぱりとした甘味になりました。→ もうちょっと柔らかでもよかったのではー。まあまあ。
オーロラふくさ
色彩豊かなオーロラ紙で甘すぎない紅白の餅を包みこみました。→ スアマのようなお餅でした

このように赤ワインとともに。

image7-500x375 博多久松の3段重おせち「舞鶴」壱の重

残念ながらルート1のカルメネールの味が落ちましたわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です