クバール・スピアン

クバール・スピアン(Kbal Spean、英語: “Bridge Head”、”Head of the Bridge”)は、カンボジアのシェムリアップ州、シェムリアップ郡(英語版)にあるアンコールの北東、プノン・クーレンの西側に位置するクメール王朝時代の遺跡地域である。それは主要なアンコール遺跡群から25キロメートルのストゥン・クバール・スピアン川(英: Stung Kbal Spean River)に沿って存在する。
バンテアイ・スレイの12キロメートル東にあり、川床に彫られた彫刻が現れる最初の滝の地点に至る前に、森林の小道に沿って約2キロメートルの登り坂をおよそ45分歩く。

クバール・スピアンはシュムリアップ川源流に彫られた水中遺跡です。
こちらが入り口です

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

木の橋からスタート

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

このような道を登っていきます。大きな岩だったり不思議な樹木があったりしました

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン
IMG_2665-500x375 クバール・スピアン
IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

さて着きました。最初は最上流部の滝から見学スタートです

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン
IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

ヴィヌシュ神

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

このように滝の水にさらされています。よく侵食に耐えています

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

リンガとヨニ
リンガを流れた水は聖なる水になるとか

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン
IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

巨大なリンガ

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

蓮の花の上で瞑想するブラフマー神

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

毒入りの水を飲もうとしたバラモン僧を身を挺して守った伝説のカエル像

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

シヴァ神とガネーシャのレリーフ

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

他にもたくさんの彫刻が残されています

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン
IMG_2665-500x375 クバール・スピアン
IMG_2665-500x375 クバール・スピアン
IMG_2665-500x375 クバール・スピアン
IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

ちらっと写っているのはガイドさん

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

最終地点の聖なる滝

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン
IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

さあ、帰りましょう

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

水中遺跡 スバール・スピアンでした。

IMG_2665-500x375 クバール・スピアン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です