さいか屋川崎 最後の「有名駅弁と全国うまいもの会」開催

1月14日から20日までさいか屋川崎店で「有名駅弁と全国うまいもの会」が開催されます。

昨年に引き続き2年目の参戦になりますが、残念ながら今年の5月でさいか屋川崎店が閉店するため、今回が最後になります。今週の週末は予定がたてこんでいるため、行くことができるのは本日の木曜日のみなのです。

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde3731-500x323 さいか屋川崎 最後の「有名駅弁と全国うまいもの会」開催

さいか屋の場合は、なんと販売される各地の駅弁をごく一部を除いて、予約することができるのです。ということでさいか屋のサイトで、リストやチラシを見て駅弁をチェックします。

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde3731-500x323 さいか屋川崎 最後の「有名駅弁と全国うまいもの会」開催

城崎温泉の老舗が作る「こっぺ寿司」や昔なつかしい黒磯駅の復刻「九尾の釜めし」、館山の「くじら弁当」、函館の「鰊みがき弁当」、折尾駅の「新・駅物語」などが目を引きます。京王新宿のものに較べて、価格が手ごろなものが多い。こりゃ京王百貨店は、さいか屋のバイヤーを引き抜いた方がいいだろう。

色々考えた末に、予約するのは、別府湾弁当「たみこの夢」と今年まだ食べていない「ぶりかまめし」に決め、さいか屋に電話しました。希望のお弁当を番号で告げ、在庫確認の末、OKになりました。19時30分までとのことで、19時頃来店ということで予約完了しました。

実演も何種類か行うさいか屋川崎店の駅弁大会。44回という長い歴史が閉じてしまうのは、本当に残念です。
今晩、食べた駅弁については、明日記事にしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です