手売島のうにまつり

天売島のフェリーターミナルの駐車場では、青色のテントがありうにまつりが開催されていました。
2018年は、7月21日と22日の土日開催でした。

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

お目当てはこの採れたてウニです
大300円、中200円、小100円!

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

こちらは大

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

そこで大中小をそれぞれ購入しました

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

他にはイカやら甘エビなども販売しています

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

横の台では、買ったウニを刺身用や焼き用に、殻を割ってくれます

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

左が小、真ん中が大、右が中

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

大は焼いていきます

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

小は生うにでいただきます

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

このように可食部分が見えますね。これをスプーンで取って食べます。

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

こんな感じ
甘くておいしい〜。これが100円だとは!!価格破壊だわ!

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

焼きはとげが白くなったら、網でおとして坊主にする

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

そしてとんとんとトングで叩いて、割って食べます。
ちょっと香ばしくて、生とはまた別の味わいがあります。

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

生を追加ということで、販売しているところに行くと大は売り切れ
しかも1人5個の個数制限まで発動中でした。

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

中をゲット

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

取るのも慣れてきた

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

やっぱり美味しい〜。いい思い出ができました。

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

ウニに夢中になっていると、フェリーが入港してきます。これに乗って羽幌に戻ります。

AB699B6D-4B8D-4943-A8DB-502D747321B8-500x375 手売島のうにまつり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です