プリア・カーン

プリヤ・カーン (Preah Khan) は、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、仏教とヒンドゥー教の習合寺院である。
名は「聖なる剣」を意味し、かつて境内で発見された剣に由来する。アンコール・トムの北東に位置する。

謎の石造建築があるということで、プリア・カーンへ行きました。
入り口

IMG_2907-500x375 プリア・カーン

やっぱりナーガの欄干があります

IMG_2907-500x375 プリア・カーン

優しい顔

IMG_2907-500x375 プリア・カーン

西塔門

IMG_2907-500x375 プリア・カーン

頭がない門衛神ドヴァラバーラの像

IMG_2907-500x375 プリア・カーン

きっちり車輪が刻まれたレリーフ

IMG_2907-500x375 プリア・カーン

三大神を安置するヨニ座

IMG_2907-500x375 プリア・カーン

13人のアプサラスのレリーフ

IMG_2907-500x375 プリア・カーン
IMG_2907-500x375 プリア・カーン

これが謎の建築物
ギリシャ神殿のような太い円柱の2階建。用途はわかっていないそう

IMG_2907-500x375 プリア・カーン
IMG_2907-500x375 プリア・カーン

やはりこの遺跡の一部にも木の侵食がありました

IMG_2907-500x375 プリア・カーン
IMG_2907-500x375 プリア・カーン

予想よりも規模が大きく、見ごたえあるものでした。

IMG_2907-500x375 プリア・カーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です