ANA 東京発ヨーロッパ線ファーストクラスの飲み物(2014年8月)

前回の機内食に引き続き、ANAヨーロッパ線のファーストクラスのドリンクメニューをワインを中心にご紹介します。
なかなかのラインナップでございますよ。
特に泡ものはこれで決まり!僕の一番好きなシャンパンです。シンガポール航空でもファーストクラスで提供されています。


クリュッグ・グランド・キュヴェ
シャンパーニュ

世界最高峰のシャンパーニュとして比類なき評価を集めるクリュッグ。
なかでもグランド・キュヴェは、収穫年の異なるワインが絶妙のブレンドによって 溶け合っています。青リンゴのように瑞々しくありながら、奥深いニュアンスをまとう香り。 口の中でゆっくり広がっていく泡が、酸味とあいまって優美な味わいを引き立てます。 そして、柑橘系のほのかな苦味が漂う長い余韻。
ANAファーストクラスでは1986年の国際線就航以来、至高のシャンパーニュにこだわり、このクリュッグをご提供し続けています。

白ワインは、ブルゴーニュ、最近注目銘柄、ドイツ、ニューワールドから4種類。飲み比べが必要です。
シャブリ・プルミエ・クリュ“フルショーム”2012 ジーン・クロード・フロモン
シャブリ、ブルゴーニュ、フランス 5000円

柑橘系の爽やか感が溢れんばかりの第一印象。日本ではあまり知られていない生産者ですが、ミネラル感も充分で、アフターフレーバーの長い味わいが特長です。甲殻類の お料理との相性がよく、生き生きとした酸味がヨード分を中和させる役割を果たします。


シャトー・モン・ペラ・ブラン 2011
ボルドー、フランス 3558円

光沢のある淡いイエローの外観で、フレッシュ&フルーティーかつ清涼感ある印象。 穏やかな酸味が野菜や魚介など食材の持ち味を最大限に引き出します。 もちろんそのまま飲まれても十分に楽しめる、後を引く味わいです。

ヴォルムザー・リープフラウエンシュティフト・キルシェンシュトゥック・トロッケン 2012
ラインヘッセン、ドイツ 7560円

15世紀、カプシン派修道士の時代に遡る由緒あるワイナリーです。穏やかな酸味が、 マシュマロのようなふわふわした甘さと融合して、繊細で上品な味わいを造り出して います。そのまま飲まれても、また軽やかなオードブル系との相性もよいワインです。

エイボンデール・サイクラス 2011
パール、南アフリカ

丁寧な仕上がりがうかがえる穏やかな外観。オーガニックワイン造りに注力し、 白桃シロップを思わせる甘いアロマと、白い花のニュアンスを併せ持ったサイクラスは、 フローラルな香りを辺りに散りばめていきます。

赤ワインは、ボルドーグランヴァン、ブルゴーニュ1erクリュ、ポルトガルのドウロワインとヨーロッパの銘醸ワインたち。ラグランジュは大好きなワインなので、楽しめそうだなー。
シャトー・ラグランジュ 2008
サン・ジュリアン、ボルドー、フランス 10,285円

全体に濃いガーネット色を帯びた典型的なボルドー格付けワインです。サントリーの 所有となって約30年、技術革新や畑の整備などがさらに進み、評価は年々上昇。 上品でふくよかでありながら、サンジュリアン村らしい柔らかさ、力強さに磨きがかかり、洗練された味わいを維持しています。


ボーヌ・プルミエ・クリュ・グレーヴ 2010 ジョセフ・ドルーアン
ボーヌ、コート・ド・ボーヌ、ブルゴーニュ、フランス 12,960円

130年以上もの間、家族経営を守り続けるジョセフ・ドルーアン。誰もが魅了される 上品な外観で、フランボワーズの特徴的な香りがグラスを回すと力強く広がります。 口内で心地よく感じる落ち着いた味わい。外観、香り、味とフルバランスのブルゴーニュの逸品をぜひお楽しみください。


ロケット・エ・カーズ 2011
ドウロ、ポルトガル 4,100円

熟成感を帯びた色合いと香りで複雑な味わいが楽しめます。ポルトガル特有のブドウ 品種のブレンドですが、フランス、ボルドーの技術と、地中深くまで根を張ることのできる 特有な土壌環境による充実した果実味が、ワインの味わいに深みを与えてます。

ポルトはグラハム社のもの。以前、見学に行ったことがあるところだから、思い入れもあります。さすがに30年ものは飲んだことないわー。どんな味なんだろう。
グラハム・トゥニー 30年
ドウロ、ポルトガル

「ポルトガルの宝石」と称されるポートワインの逸品。1820年創業のグラハム社は、 名門シミントン一族による厳格な品質管理のもと、花崗岩製のタンクで熟成させて昔 ながらの手造り製法を厳守しています。カラメルやリコリスのような濃厚な香り。奥深く複雑な甘みが広がり、アルコール20度でありながらも滑らかでシルキーな味わいです。 かつて英国貴族を酔わせたオールド・トゥニー・ポートを、食後酒にお楽しみください。

あとは多種多様な飲み物の中から一部抜粋しました。やはりビジネスクラスとは違いますね。
村尾
村尾酒造(鹿児島)

焼酎づくりの名人と謳われる村尾寿彦さんが醸す稀代の銘芋焼酎です。伝統的な黒麹、良質なカライモを用い、仕込みはすべて昔ながらの甕壺。上品で香ばしい風味、甘く柔らかな味わい、まろやかな余韻が長く続きます。


サントリーウイスキー響21年
サントリーが持つ多彩な原酒と技術の粋を集め、最高峰を目指したウイスキーが「響」です。なかでも「響21年」は、フルーティーで甘美な 熟成香が特長で、口当たりは、なめらかです。21年ものならではの重厚感、気品のあるコク。奥ゆきのある余韻の長いアフターテイストをお楽しみください。


玉露
「玉露仙翠」(静岡)
手摘みの一番茶にこだわった静岡県産の 高品質な本玉露。水色は淡く、深く優雅な 香りがたちこめ、濃厚な気品のある味が、 口の中で広がります。

いやあ、めくるめく楽しい時間になりそうだ。酒飲める体で本当よかったw 肝臓は大切にします。いつもありがとう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です