ぶりかまステーキ弁当

東京駅にある各地の駅弁を取り扱っている「祭」で、ぶりかまステーキ弁当を買って食べました。
同じ会社の「ぶりかまめし」は、大好きな駅弁です。日本の中でも10位以内に入ると思います。その派生弁当ですから、一度は食べておかないといけないでしょう。
このようなパッケージ。
かなり目ん玉の大きな鰤のイラストです。

blog_import_54116d2ddb969 ぶりかまステーキ弁当


箱をあけるとこのような感じ。源の文字が飛び込んできました。わくわく。

blog_import_54116d2ddb969 ぶりかまステーキ弁当


ぶりかまのステーキは3つ。そしてぶりかまめしと同じわかめと酢飯。白エビの素揚げは入っていません。あとは甘酢しょうがとラッキョウのワイン漬け。あと山椒の別袋が添えられています。

blog_import_54116d2ddb969 ぶりかまステーキ弁当


やはりぶりかまは柔らかく調理されており、脂ものっています。
しかし全体のインパクトとしては、カマが丸ごとのっているぶりかまめしの方が大きいかと。どうしても「ぶりのカマ」を使ったお弁当を食べたい時にはいいかもしれませんが、僕としてはぶりかまめしの方が好きです。

blog_import_54116d2ddb969 ぶりかまステーキ弁当


価格は1100円。たしか消費税が上がる前は、ぶりかまめしと同じ980円だったので、これは便乗値上げですね。源のサイトで確認してみると、ぶりかまめしも1100円になっていました。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です