石狩 金大亭の鮭料理

石狩市にある鮭鱒料理の老舗、金大亭に行ってきました。
ちょうどタイミングよくJALの機内誌に金大亭の記事がありまして、盛り上がります。
雨模様でしたが、石狩市へ。明治時代の建物を使用した趣のある食事処です。

image177-300x225 石狩 金大亭の鮭料理

入り口。渋いのひとこと。

image177-300x225 石狩 金大亭の鮭料理

お店の中は古いながらも、掃除が行き届いています。

image177-300x225 石狩 金大亭の鮭料理

個室での食事になります。予めセッティングがされていました。このお部屋では、なんとストーブが炊かれていました。

image177-300x225 石狩 金大亭の鮭料理

左から氷頭なます、イクラの醤油漬け、メフンの醤油漬けです。
氷頭は鮭の鼻先の部分を切ったもの、メフンは血合いです。生臭くなくて、そんなにしょっぱくなく、まさに珍味でした。(他のお店だと大抵の場合、生臭い)

image177-300x225 石狩 金大亭の鮭料理

ルイベ。天然鮭にはアニサキスがいるので、冷凍することにより、死滅します。
でも凍っていて冷たかったなー。昔のルイベはどこももっと薄かったので、はやく溶けた。肉厚な分、なかなか溶けないのよねー。

image177-300x225 石狩 金大亭の鮭料理

朝取れ鮭の塩焼き。
塩にしてあるだけで焼いている。新鮮かもしれないけど、塩鮭ってのが熟成されていることを再認識しました。

image177-300x225 石狩 金大亭の鮭料理

鮭の白子焼き。
ぷくっとしていましたが、白子だったらトラフグの方が好きです。

image177-300x225 石狩 金大亭の鮭料理

鮭の石狩鍋。
酒粕とかは入らず、昆布だしに味噌のみ。鮭の出汁が効いていて、そして山椒が加わり独特な味。とっても美味しい。

image177-300x225 石狩 金大亭の鮭料理

ごはんも一緒に出されて、美味しくいただきました。
この鍋、最高です。

image177-300x225 石狩 金大亭の鮭料理

創業明治13年。現在は6代目とのこと。
パンフレットの航空会社にTDA(東亜国内航空)が残っているのがすごい。

image177-300x225 石狩 金大亭の鮭料理

お品書き。今回は一番品数の少ないコースにしたのですが、一番多いコースだときっと食べきれないとおもいました。

image177-300x225 石狩 金大亭の鮭料理

明治の建物を使った老舗の鮭料理。ここでしか味わえない品もあります。
札幌までお越しの方は、一度ぜひ足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

image177-300x225 石狩 金大亭の鮭料理

“石狩 金大亭の鮭料理” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です