9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

成田から羽田までは、京成電鉄のアクセス特急に乗りました。途中懐かしい千葉ニュータウン中央駅を通りました。あそこに住んでいたのはいつの頃だろう。さてJALの青森行が今回の旅行の最後のフライトとなります。

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

青森行の飛行機は737-800。新幹線開業の影響か青森便は、どれもこれも小さくなってしまいました。

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席
image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

ちょっと足元が広い座席で帰ります。うとうととしていましたが、ふと窓の外に目をやると、いい天気ということもあり壮大なパノラマが展開されていました。

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

男鹿半島

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

大館能代空港

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

弘前市と岩木山

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

東北新幹線新青森駅

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

青森市北西部の陸奥湾沿い

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

夏泊半島大島

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

青森市東岳山頂付近(手前)

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

八甲田山系

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

すごい眺めを楽しみつつ、青森空港に到着しました。

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

今回は羽田から台湾に飛び、イスタンブールを経てニースへ。TGVにも乗ったあと、シャルル・ド・ゴールからチューリッヒ経由で成田で入国。そしてこのフライトと盛りだくさんの旅でした。

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

2週間の旅でしたが、ブログではなんと1ヶ月以上の大作となりました。最後までお付き合いありがとうございました。

image367-500x375 9月16日JAL145便羽田発青森行普通席

2009年11月JAL646便台北発成田行きビジネスクラス

台湾旅行の帰りのフライトはJALのビジネスクラスです。

DSCF5041-500x375 2009年11月JAL646便台北発成田行きビジネスクラス

出発までサクララウンジで一休み。黒ビールサーバーがありました。

DSCF5041-500x375 2009年11月JAL646便台北発成田行きビジネスクラス

13時20分発の成田行です。

DSCF5041-500x375 2009年11月JAL646便台北発成田行きビジネスクラス

搭乗する飛行機は、ボーイング767

DSCF5041-500x375 2009年11月JAL646便台北発成田行きビジネスクラス

ああ、このシートは不快ラックス。。

DSCF5041-500x375 2009年11月JAL646便台北発成田行きビジネスクラス

ちゃんとシャンパンを搭載しています。小瓶での提供。

DSCF5041-500x375 2009年11月JAL646便台北発成田行きビジネスクラス

同行者の選択は洋食です。

DSCF5041-500x375 2009年11月JAL646便台北発成田行きビジネスクラス

僕は和食で、JAA時代の寿司御膳の流れをくんだものをいただきました。

DSCF5041-500x375 2009年11月JAL646便台北発成田行きビジネスクラス

デザートと紅茶。

DSCF5041-500x375 2009年11月JAL646便台北発成田行きビジネスクラス

んな感じで成田に到着して、NEX新型車両で帰宅しました。

DSCF5041-500x375 2009年11月JAL646便台北発成田行きビジネスクラス

これで2009年11月の台湾旅行シリーズは終了します。まだまだ昔の旅の回顧録シリーズもお届けいたしますので、お付き合い下さい。

石垣往復の特典航空券を予約発券する

今度、まとまったお休みが取れることになりました。

そこで沖縄に行くことを考えています。
昨年3月に石垣まで行ったのに、高速船が欠航で行けなかった波照間島、「瑠璃の島」の舞台の鳩間島、そして西表島の陸の孤島である船浮集落が主なポイントです。

波照間2泊、鳩間島1泊、船浮1泊を基準として、途中に石垣やら西表島大原、那覇などの宿泊を入れて8泊9日の旅程を考えました。

次は航空券です。今は石垣島にPeachが飛んでいますので、価格チェックです。
おお、安いね~。
関空から石垣まで、ハッピーピーチで10,790円、帰りのハッピーピーチは6,590-7,490円です。往復2万円以下で行けるのね。
ただ時間があんまりよくないため、行きは大阪前泊が必要です。

また横浜から関西空港までの足も確保しないといけません。乗り継ぎのいい時間で羽田-関空往復の航空券をskyscanner.jpで調べてみても、2万円以上はかかります。

ということはピーチを使っても4万円はかかってしまいます。単純に羽田石垣往復をスカイスキャナーで調べてみると、DeNAトラベルで那覇などの経由便往復35,700円でピーチよりも安い!

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde3732-500x394 石垣往復の特典航空券を予約発券する

無料航空券はどうだろうということでJALのサイトに訪問してみます。
羽田-石垣便の直行便の往復とも空席があります。おお、いいじゃん。往復で2万マイルです。

石垣便はトランスオーシャン航空のボーイング737の機体で古くて狭い。それで3時間のフライトタイムだからきついわー。なら那覇に寄ったらどうだろうと思い、経由便も調べてみました。希望日のフライトはだいたい取れるようです。

そこで往復とも那覇経由で、行きはトランジット、帰りは1泊して本島にも立ち寄るというプランを立てて、予約することにしました。使用マイルは、直行便と同じく往復で2万マイルです。

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde3732-500x394 石垣往復の特典航空券を予約発券する

行きは羽田11時発、那覇13時35分着 機内で空弁でも
接続は那覇14時50分発、石垣15時50分着で石垣泊 マグロ屋ひとしでまぐろ食べるぞ

返りは石垣14時10分発那覇15時05分着 これなら当日西表発でも間に合う時間です。(上原航路が欠航したとしても大原経由で戻れる)そして1泊して翌日、那覇12時20分発、羽田14時40分着 那覇で最終日の朝食をゆっくり食べてから出発できます。

こちらで予約発券することにしました。
ということで、2015年6月の沖縄旅行が決定いたしました!