チャオプラヤ川からカオサン通りへ

ちょっと川の方にでも行ってみましょうかということで、BTSサパーンタクシン駅を下車して、サトーン船着場へ。
アジアテークって夜しかやっていないのね。とういことでツーリストボートに乗り込みます。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

チャオプラヤ・エクスプレスとは違い、一部区間のみ運航。40バーツの定額制です。たけーな。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

船に乗るのは久しぶりだなー。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

ワット・アルンは残念なことに骨組みだらけになっていました。これじゃ降りてもつまらんわ。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

ということで終点を目指します。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

これチャオプラヤ・エクスプレスの運航図です。ツーリストボートは一番下です。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

プラアーティット船着場です。バックパッカーで有名なカオサン通りも近いとのことなので、カオサン通りに行ってみましょう。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

カオサン通りにつきました。実はカオサン通りに行くのは初めてなんだよね~。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

カオサン通りの一番奥から、カオサンを眺めたところ。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

カオサン通りに並行するランブトリ通りもカオサンよりも少し道幅が狭くて、雰囲気がある通りです。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

涼を求めて、エアコンの効いているSWENSEN’Sへ入りました。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

グリーンティスムージーを注文。めちゃくちゃ美味しい。さながらハーゲンダッツのグリーンティアイス。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

カオサン通りの入り口からの眺め。見たことあるようなそんな気がしました。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

カオサンからサイアムまではバスで戻りました。

image415-500x375 チャオプラヤ川からカオサン通りへ

バンコク ガイトーン・プラトゥナームのカオマンガイ

やはりこの店は外せないでしょうということで、カオマンガイの名店に食べに行きました。

image359-500x375 バンコク ガイトーン・プラトゥナームのカオマンガイ

お昼前なのにこの混雑っぷり。

image359-500x375 バンコク ガイトーン・プラトゥナームのカオマンガイ

おっ、いつの間にかメニューが出来ているぞ。カオマンガイとお茶をオーダーしました。

image359-500x375 バンコク ガイトーン・プラトゥナームのカオマンガイ

2バーツのお茶もメニュー裏に載っているので、注文しやすくなりました。

image359-500x375 バンコク ガイトーン・プラトゥナームのカオマンガイ

さあ、来ましたよ〜。カオマンガイと鶏スープとつけダレ。

image359-500x375 バンコク ガイトーン・プラトゥナームのカオマンガイ

本当に鶏肉がしっとりしていて、柔らかくて美味しい。まじ、最高っす。どうやってモモ肉をこんなに柔らかく調理できるのかなー。旅行中なのに謎が深まります。

image359-500x375 バンコク ガイトーン・プラトゥナームのカオマンガイ

俗にいく「ピンクのカオマンガイ屋」です。

image359-500x375 バンコク ガイトーン・プラトゥナームのカオマンガイ

つけダレもしょうががたくさん入っていて美味しいんです。わずか40バーツで最高のお食事が楽しめます。

image359-500x375 バンコク ガイトーン・プラトゥナームのカオマンガイ

お店の人は大忙し。ごちそうさまでした〜。

image359-500x375 バンコク ガイトーン・プラトゥナームのカオマンガイ

トンロー パッタイ名人のオースワン・パッタイ

ルーフトップバーで夕暮れ時から日没の夜景を楽しんだ後は、ソイ38屋台で晩ゴハンです。
スコールが来ていた関係で、路面が濡れています。

image368-500x375 トンロー パッタイ名人のオースワン・パッタイ

パッタイ名人も暇そうです。そこでポーチャナー55でがっかりしてしまったオースワンをこちらで発注しました。

image368-500x375 トンロー パッタイ名人のオースワン・パッタイ

近所の食堂でビールを仕入れます。

image368-500x375 トンロー パッタイ名人のオースワン・パッタイ

オースワンがジュージューいいながら運ばれてきます。

image368-500x375 トンロー パッタイ名人のオースワン・パッタイ

牡蠣もたっぷりで、調理方法もよし。もちろん昨晩のオースワンよりも美味しく頂くことができました。

image368-500x375 トンロー パッタイ名人のオースワン・パッタイ

締めはパッタイです。普通に頼んだはずなのに、カニの身が入った高級パッタイがやってきました。

image368-500x375 トンロー パッタイ名人のオースワン・パッタイ

海老さんもふんだんに入っています。80バーツでちょっと高いけど、満足度高し。

image368-500x375 トンロー パッタイ名人のオースワン・パッタイ

食後のデザートは、ご存知カオニャオ・マムワン。

image368-500x375 トンロー パッタイ名人のオースワン・パッタイ

日本人もハマる味。ごちそうさまでした〜。

image368-500x375 トンロー パッタイ名人のオースワン・パッタイ

あと気になる情報を。ソイ38のバミー屋台が見つからないので、どこ行っちゃったの?って聞いたところ、同じソイ38のちょっと先にお店を構えたそう。その日はお休みとのことでしたが、またあの味が食べられるとわかりホッとしました。