丸の内 祢保希の土佐料理

家族の集まりで丸の内にある土佐料理のお店、祢保希(ねぼけ)に行ってきました。
丸の内の新しいビルの地下にあります。

blog_import_54116d1be2cac 丸の内 祢保希の土佐料理



個室で開催です。

blog_import_54116d1be2cac 丸の内 祢保希の土佐料理



注文したのはかんざし御前。色々な味が楽しめるお料理です。
箱は2段構成になっていて、16種類くらいのお料理がところせましと並んでいました。

blog_import_54116d1be2cac 丸の内 祢保希の土佐料理



ビールで乾杯。

blog_import_54116d1be2cac 丸の内 祢保希の土佐料理



来ました!カツオのたたき。
炭火でやかれたカツオは表面が香ばしく、中がもっちり。ものすごく美味しいです。

blog_import_54116d1be2cac 丸の内 祢保希の土佐料理



大根と豆腐の摺り流し。野菜のポタージュといったところ。

blog_import_54116d1be2cac 丸の内 祢保希の土佐料理



かんざし御膳とは別注の天然鮎の塩焼き。
今日の鮎は高知県仁淀川のものだそう。ほんとうに香魚って書くくらい、香りのいい魚だ。はらわたからは苔の香りすら感じます。これはいいものをいただきました。

blog_import_54116d1be2cac 丸の内 祢保希の土佐料理



タケノコの天ぷら。ちょっとクリスピーです。

blog_import_54116d1be2cac 丸の内 祢保希の土佐料理



茶碗蒸しとうどん。これで締めになりますが、うどんがつるつる。返しはものすごく鰹節が効いています。

blog_import_54116d1be2cac 丸の内 祢保希の土佐料理



デザート。黒蜜葛とイチジクのゼリー。

blog_import_54116d1be2cac 丸の内 祢保希の土佐料理



本当に美味しい料理でみなさんに喜んでいただけました。

blog_import_54116d1be2cac 丸の内 祢保希の土佐料理



ちょっと高いけど、土佐料理を食べたいときには、いいお店です。都内に数店舗かまえています。

おもてなし料理 2014年6月28日

昨日、友だちのタイ人とその奥様(日本人)、そのお子さんと彼の姪をわが家にご招待いたしました。その時に作った料理をご紹介します。
手書きのお品書き。今日はタイ人の方が来るので、タイ語も調べて書いてみました。
後で豚のしょうが焼きの書き順が違うとのご指摘をいただきました。ムー・パッ・キンだそうです。そうかそうか。

blog_import_54116d0c4202d おもてなし料理  2014年6月28日

ヤムウンセンの日本そばバージョン
ヤムウンセンは春雨を使うのですが、同じ味付けで先日いただいた株主優待の日本そばを使って作ってみました。タイ人にタイメニューを出すのはチャレンジですが、味付けについても問題ないし、日本そばでもいけるとのご意見をいただきました。

blog_import_54116d0c4202d おもてなし料理  2014年6月28日
blog_import_54116d0c4202d おもてなし料理  2014年6月28日

炙りしめサバ
スーパーで買ってきたトロしめ鯖を、細めに切って、イワタニのバーナーで皆さんの前で炙り、レモンをジュッとかけたもの。脂のところが、ちょっと焼かれた感じで美味しいです。

blog_import_54116d0c4202d おもてなし料理  2014年6月28日

イカの塩辛のヤム
これまた日本ータイのフュージョン料理。OKストアのイカと塩しか使っていないイカの塩辛を買ってきて、それににんにく、唐辛子、砂糖少々、レモン汁を入れたもの。
タイ人にも日本人にも新しいとのご評価をいただきました。

blog_import_54116d0c4202d おもてなし料理  2014年6月28日

ナスの山椒揚げ
ナスは3時間程度、水にさらすことにより油の吸収をふせぐことができます。
しかしそうすると衣がつきにくいという弊害もあります。もう少しカリッと仕上がればよかったのですが、やはり中身はジューシーでヘルシーなメニューでした。
成都で買った花山椒と粉山椒をたっぷり使いました。

blog_import_54116d0c4202d おもてなし料理  2014年6月28日

豚のしょうが焼き
事前に下味は付けずに小麦粉をまぶしておきます。そして油をひかずにフライパンで焼いて、最後にすりおろした生姜、醤油、みりん、酒の調味液を入れたものです。甘じょっぱい懐かしい味です。

blog_import_54116d0c4202d おもてなし料理  2014年6月28日

豚の角煮の濃厚レッドカレー、香り米とともに
レトルトのタイカレーを使ったメニュー。前の晩に玉ねぎのすりおろしとハチミツに漬け込んだ豚肩ロース肉ブロックを、活力鍋で高圧調理、冷ましてから、大きめに切ってレトルト、ゴボウと一緒に低圧調理したもの。再度冷ますことにより味を染み込ませて、食べる前に加熱したもの。
豚の角煮がトロトロになりました。これまた好評。ご飯は完売しました!

blog_import_54116d0c4202d おもてなし料理  2014年6月28日

マンゴーヨーグルト
7Dのドライマンゴーと無糖ヨーグルトを前夜に混ぜておいただけの簡単デザート。
でもドライマンゴーがヨーグルトの液を吸い込んで、マンゴーがジューシーに、残りのヨーグルトも濃い感じで意外と美味しいのですよ。

blog_import_54116d0c4202d おもてなし料理  2014年6月28日

こんな感じでお料理もとっても好評で、フュージョンメニューは難しいけどやりがいあるわ~。
また来て下さいねー!

2008年12月OS051便 ウイーン発成田行きビジネスクラス

オーストリア航空ウイーン発成田行きに搭乗です。
ほとんどが日本人の搭乗客です。
blog_import_54116bff80cc7 2008年12月OS051便 ウイーン発成田行きビジネスクラス
本日のメニュー。
blog_import_54116bff80cc7 2008年12月OS051便 ウイーン発成田行きビジネスクラス
和食を選択しました。
ウナギの蒲焼、大根巻、しいたけの天ぷら、伊勢海老の雲丹焼きはちっちゃかった。
blog_import_54116bff80cc7 2008年12月OS051便 ウイーン発成田行きビジネスクラス
おそば。機内食でおみかけすることが多いね。
blog_import_54116bff80cc7 2008年12月OS051便 ウイーン発成田行きビジネスクラス
突然登場するスープ。オーストリア航空のビジネスクラスは必ずスープが入ってくるみたい。それがたとえ和食であっても。アンティチョークとジンジャーのクリームスープ。
濃厚で美味しいです。
blog_import_54116bff80cc7 2008年12月OS051便 ウイーン発成田行きビジネスクラス
焼き魚を選択。ギンポの味噌風味。肉厚な白身魚でした。
ギンポとは天ぷらネタになる小さなお魚だと思っていましたが、これはなんの魚なんだろう。
blog_import_54116bff80cc7 2008年12月OS051便 ウイーン発成田行きビジネスクラス
チーズ盛り合わせもいただきます。
blog_import_54116bff80cc7 2008年12月OS051便 ウイーン発成田行きビジネスクラス
これは半ばで出てきたキッシュ。
blog_import_54116bff80cc7 2008年12月OS051便 ウイーン発成田行きビジネスクラス
行きの時、美味しかったアインシュペンナーをまたまたオーダー。
blog_import_54116bff80cc7 2008年12月OS051便 ウイーン発成田行きビジネスクラス
成田到着2時間前に朝食がサービスされました。
blog_import_54116bff80cc7 2008年12月OS051便 ウイーン発成田行きビジネスクラス
機内はこんな感じ。777で2-3-2だとちょっと窮屈ですね。
blog_import_54116bff80cc7 2008年12月OS051便 ウイーン発成田行きビジネスクラス
成田に到着しました。あー、ヨーロッパは遠いぜ。
blog_import_54116bff80cc7 2008年12月OS051便 ウイーン発成田行きビジネスクラス